服用の際の注意点

抗不安剤として知名度が高く、他にも多くの症状に適用があるデパスのジェネリック医薬品であるエチラームとは、抗不安剤としてうつ病などの初期症状にみられる強い不安感や緊張感を和らげることができ、統合失調症や心身症など他の精神疾患や睡眠導入剤としての作用もあるため不眠症の中でも入眠障害の方が使用したり、筋弛緩効果によって筋肉を弛緩できるため痙攣性の病気や緊張性の頭痛、腰痛、首や肩のコリなどにも適用があります。
またデパス同様、短時間作用型になるため成分が血中内で最高濃度に達するのも3時間ほどで半減期も6時間ほどになるので体内に薬が長く留まらないため安全性も高く副作用も少ない薬と言われています。
ジェネリックであるエチラームはデパスの1/3の価格で購入することができ即効性があるえので短期間での治療を考えている方にはお勧めであり、抗うつ剤の長期服用などに抵抗をもっている方にもお勧めできます。
効き目も強く症状を和らげてくれるので便利な薬ではありますが、効き目が薄れてくるのも早く自己判断で服用方法を変えてしまう方がいますが、間違った服用方法によって副作用である依存症を引き起こす可能性があるので勝手な判断で服用方法を変えることはしないようにして下さい。
依存性をおこしやすい薬の特徴として、効き目が強く、半減期が短い、そして服用期間が長く、服用量が多いほどおこしやすくなり、この薬もこれらの特徴をもっているため慎重な服用を心がけて下さい。
依存症の裏側には離脱症状があるため薬を完全に止められるようになるまでに1年以上の時間がかかりますで、こういった特徴をもっている薬は常に服用せず、補助薬として使用するようにして下さい。
副作用を気にしてしまう方は抗うつ剤などにも効き目が弱いものも0あるので、SSRIなどの副作用の少ないタイプの薬に切り替えるのも安全性を考える場合には大切なことになります。
どんな薬でも正しい服用方法を守って使用してください。