うつに効果的な薬

先発薬であるデパスのジェネリック医薬品は数多く誕生しています。
ジェネリック医薬品を扱う医療機関でも覚えきれないほどの多くの種類があります。
デパスは純国産の薬としても有名ですが、万能薬としても知られています。
そのため他の薬に比べて多くのジェネリック医薬品があります。
うつ病や統合失調症、心身症などに効く抗うつ剤として、あるいはうつ病の初期症状として良く見れれる強い不安感や緊張感を緩和する働きをする抗不安剤として、身体をリラックスさせる効果もあり、不眠症の中でも入眠に障害があって寝付けない人への睡眠導入剤として、筋弛緩の作用もあるので、けいれん性の症状や首や肩のコリ、腰痛などにも効果があります。
多くの症状に作用を示し、有効とされているので病院での処方機会も多い薬となっています。
多くの作用を示すのはデパスがチエノジアゼピン系の薬であってベンゾジアゼピン系の薬の作用ももっているためです。
またデパスは純国産の薬ですが、ジェネリック医薬品は海外で製造されています。
有名な薬にエチラームがあります。
エチラームとはデパスと同様、主成分がエチゾラムとなっており、デパス同様、多くの症状に作用を示します。
GABA受容体に働きかけることで、脳の興奮状態を鎮める事ができ、脳の活動を抑制し、あらゆる症状が緩和されるので抗うつ剤として抗不安剤として睡眠導入剤としてなど色々な症状に使用されます。
ジェネリック医薬品を使う事へのメリットは何と言ってもコスト面です。
先発薬に比べて、薬代をかなり抑える事ができ、使用期間が長くなればなるほどコストを安く抑える事ができます。
副作用なども同一なので、服用を指示通り行えばそこまで副作用の心配も必要ありません。
ただ注意が必要なのはベンゾジアゼピン系の薬は依存症を引き起こしやすく、それに伴って離脱症状を起こしてしまうことがありますので、自己管理ができないのであれば医師に相談し、服用の指示を仰ぐようにしてください。